HOMEスタッフブログ工事 > 地鎮祭
スタッフブログ

地鎮祭

地鎮祭

こんにちは。新築不動産課の田中です。

先日、弊社で新築工事をされるお施主様の地鎮祭が執り行われました。

私も参加させていただき、工事の無事完成を祈願してまいりました。

 

ところで、地鎮祭って何?という方のために簡単に地鎮祭についてご紹介いたします。

地鎮祭とは?

地鎮祭とは、工事着手の前に行う「安全を祈願する儀式」のことです。

この「安全」のことを詳しく言うと、

1.土地の神様や工事の守護神を祀る(まつる)こと

2.敷地(土地)の汚れを清めること

3.工事の無事進行

4.永遠の加護を祈願する  これらのことを願う儀式です。

地鎮祭(じちんさい)は別名「とこしずめのまつり」とも読まれ、他にも、鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言われます。

地鎮祭は、建築の三大祭典の1つに数えられます。

三大祭式は他に、上棟式(じょうとうしき)・竣工式(しゅんこうしき)があります。

祭典とは、祭り事なのでめでたい行事として捉えられています。

三大祭典の中でも、地鎮祭は最も大切であると考えられており、 現在では省略されることの多い上棟式や竣工式に比べて、多くの家作りや建築現場で行われています。

簡単な流れ

簡単な流れとしては、参列者のお浄めをし、神様をお迎えします。

神様にお供え物を捧げた後、祝詞を読み上げ、土地を清めます。

その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」、初めて土をならす「土均(つちならし)」を行った後、神職が鎮め物を納めます。

その後参列者全員で神前に玉串を捧げます。

お供え物をお下げしたら、神様にお帰りいただき、地鎮祭が終了となります。

鎮め物は、一旦、施工業者である当社が預かり、適当な時期に地中に納めます。

地鎮祭が無事終わったあとは、お施主様と現場の配置等を確認。

お施主様もこれから立つ家を色々と想像されているご様子でした

素敵な家になるように、私たちも全力で頑張りたいと思います

お問い合わせはこちら
一覧に戻る