HOMEスタッフブログその他 > ホームインスペクションで安心の取引を
スタッフブログ

ホームインスペクションで安心の取引を

みなさんは、ホームインスペクションという言葉を聞いたことはありますか?

ホームインスペクションは、住宅診断や建物検査などと言われ、住宅に精通したホームインスペクター(診断士)が、

第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の取引時点での物件の劣化状況について調査を行い、

欠陥の有無や補修すべき箇所、その時期などを消費者が把握できるよう検査・調査を行うことです。

住宅診断 イラスト

欧米では70~90%の割合でホームインスペクションが利用され

既に常識となっていますが、現状日本においては、アメリカのように

一般的となっていません。

しかし近年、日本でも性能向上の為に既存住宅の現状を調査し、性能の良い既存住宅の流通を促すことを考え、

急速に普及し始めています。この事から、住宅の維持や資産価値としての指標にホームインスペクションを盛り込む

可能性が、今後さらに高まっていくとみられています。

 

                 ホームインスペクションを利用する方の理由としては

                 ①プロの目・第3者の目で確認してほしい

                 ②安心・安全のため

                 ③家の状態を正確に把握したかったから

                 ④震災の影響を確認するため                 という方が多いそうです。

 

 

住宅の購入前・ご自宅の売りだし前に売却前にインスペクション(住宅診断)を利用し、住宅の劣化具合や

欠陥の有無・購入後のコストなどを把握し、安全で安心の住宅取引をしませんか。

鈴木 個人写真

弊社では、「既存住宅現状検査技術者」の鈴木が、

お客様のお家を診断させていただきます。

 

 

 

↓下記チラシをクリックするとPDFで表示されます。↓

ホームインスペクションで安心の取引を

お問い合わせはこちら
一覧に戻る