HOMEスタッフブログおすすめ > 満足いくリフォームをするポイント~後から欲しくなった物~
スタッフブログ

満足いくリフォームをするポイント~後から欲しくなった物~

家が完成して暮らしてみてから「あれが欲しかった~」「あれが足りなかった」なんて声をちらほら聞きます。生活してみなければ分からないことって多いですよね。そこで、リフォーム経験者さんの「リフォームして後から欲しくなった物」をまとめてみました。「どこに、何が足りなかった&欲しかった」を参考にして、満足のいくリフォームをしましょう!

1位  収納

壁面収納

寝室や子供部屋などに大きな収納を作ったので、満足していましたが、リビングにも収納があったら良かったです。

例えばテレビまわりにも壁面収納があれば、デッキや沢山あるDVDをしまえるだけでなく、ちょっとした日用品や本も沢山仕舞えて、見た目もすっきりすると思います。

玄関のコート掛けがあればよかったです。靴の収納を優先し、靴は大量に収納できるのですが、帰宅時にコートを収納できる場所が無く、寝室のクローゼットにかけるのも手間なのでリビングの椅子にかけてしまったりします。。 

 

屋外に、庭の手入れや、雪かき用のスコップや掃除用具などを収納するスペースがあったらよかったです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

収納は、いくらあっても困らないですよね。壁面収納のように見栄えがよくておしゃれなら尚更! 玄関のコート掛けも、クローゼットまでわざわざ取りに行かなくても、外の天気に応じてコートを替えたいときに便利ですよね。

外回りの収納も必要ですね。わが家は雪かきスコップが車のトランクに入れっぱなしです・・

2位  電気・LANコンセント

コンセント

もっとたくさんのコンセントです。家具や電気製品の配置を考えて自分で考えてコンセントの位置や数を 決定したはずなのに、いざ生活を始めると、足りないと思うシーンが多いです。

また、部屋の角だからいいわけではなく、やはり入念にどこに何を置くか 将来も含めて考えておくといいと思います。

LANやTVのアンテナなどが集約されたコンセントを各部屋に設置すればよかったと思います。

費用がかさむのと将来的に無線技術が発展すれば有線はいらないと考えていましたが、構造的なものと、技術としても有線の方がまだままだ安定性があると思うので設置すればよかったです。

 

階段下にはもともとフットライトをつけていたのですが、まさにそこがコンセントだったらとっても便利だということに、掃除機をかけていて気付きました。なので、入居して結構すぐにコンセントつきのフットライトに交換してもらいました。階段を掃除機掛ける時一番上までちゃんと届くのと、廊下全体の掃除機掛けもできるのが便利です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あけたらコンセント

コンセント増設工事には、「埋め込み」や「露出」があります。「埋め込み」は、増設したコンセント差込口やコードを壁に埋め込みます。見た目はすっきりしますが、工事には手間がかかるので、やはり入居前にしておきたい工事ですね。

 

←Panasonicの「あけたらコンセント」という商品がありますが、壁スイッチのカバーを開ければ、そこにコンセント。差したり抜いたりしやすい高さにあるので、ちょっと掃除機を使いたいな、なんていうときに便利で快適です。

あけたらコンセントをつける場合、スイッチ配線のみとなるので物理的にコンセントの場所が増やせない人にはおススメです

3位  雨の日の物干し場

洗濯物を干すスペース。晴れた日は外に干すのでいいのですが、雨の日など家の中に干さないといけない場合、専用のスペースがないのであっちへかけたりこっちへかけたりしているので。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わが家も、前に住んでいた所は、室内に洗濯ものを干すところが無く、梅雨の時期は毎回乾燥機を使っていて電気代が大変な事になっていました

ホスクリーン

←おすすめ商品「ホスクリーン」

天井から下がっている、棒に丸い輪が付いた不思議な物は、「ホスクリーン」という室内物干しです。この輪の部分に物干しをぶら下げたり、輪の部分に物干し竿を通して、物干しをかけて使うことができます。

棒の部分が伸び縮みするので、高い位置にも低い位置にもセットできます。不要なときは、棒の部分ごと天井から外す事もでき、見栄えが悪くなりません。

※但し、重いものを掛けるので、天井に補強下地が必要です

いかがでしたでしょうか?これからリフォーム・新築をされる方は、是非お家造りの参考にしてみて下さいね

 

お問い合わせはこちら
一覧に戻る