HOME住まいのお役立ち情報お役立ちコラム > カーペットのお手入れについて
住まいのお役立ち情報

カーペットのお手入れについて

カーペット

お手入れの基本 掃除機

カーペットのお手入れの基本は、何といっても掃除機をかけること!

毛足の中に入り込んだホコリや小さなゴミ、さらにダニまで取り除くのに最適な方法です。

掃除機の効果をもっとアップさせるために、効率的なかけ方をご紹介しましょう。

掃除機は少ない場合でも週に1~2回

掃除機

使用頻度の高い部屋は毎日、少ない場合でも週に1~2回は掃除機がけが必要です。

まず大きいゴミを取り除いて、掃除機でほこりを吸い取ってください。

カーペットの逆目に掃除機をかける

掃除機はパイルの毛並みを起こす方向にかけると、効果があります。 毛を起こし、毛足の根元の空気の通りをよくして、ゴミを吸い取ります。

上から押さえつけて力をこめる方法は、疲れるだけでかえってゴミが取れないもの。 毛を起こすことを考えて、効率よくゴミを吸い取りましょう。

1平方メートルあたり20秒

ダニ対策として、1平方メートルにつき20秒かけましょう。これで、ダニやその死骸などがかなり吸い取られます。

特に人がよく歩いたり、座ったり、物を食べたりするところにホコリがたまり、ダニが集まりやすくなります。

ホコリのたまりやすいところを意識して、掃除機をかけて下さい。

湿気をためないのが基本

カーペットを長持ちさせるにはまず家全体の風通しを良くすることです。天気の良い日は窓をあけてできるだけ風を通しましょう。

ラグは裏返したり下に椅子を入れて持ち上げたりして裏側にも風を通すのがコツ。

カーペットもラグも、乾燥していればホコリもとれやすく、掃除機をかけても傷みが少なくて済むのです。 もちろん、乾燥していれば、ダニも増えにくくなります。

月に一度のスペシャルケア!拭き掃除をする

ぞうきんがけ

カーペット全体が薄汚れているようなら、拭き掃除がおすすめです。

月に1回くらいの拭き掃除で、よりきれいに保つことができます。

拭き掃除の手順

固く絞った雑巾で水拭きします。きれいな雑巾を水またはお湯につけ、固く絞って水拭きします。

汚れがヒドイようなら中性洗剤を、水またはお湯で薄めて使用します。

逆目にかける

最初は毛並みに沿って、次は逆目に、力をいれて拭いていきます。

雑巾は常にきれいに保つようにし、こまめにすすぎます。雑巾はきれいな面を使うようにし、こまめにすすぎましょう。

一通り拭けたら、お湯で固くしぼった雑巾で、洗剤が取れるまで拭きあげます。最後に乾いた布で、から拭きします。

カーペットを屋外に干すときの注意点

陰干し

丈夫な物干し竿に、先ず表を向けて干します。日光による退色を考えて、かならず日陰に陰干しします。

ある程度湿気がとれたら、ふとんたたきで良くたたき、中のほこりを出します。次に裏返して干します。

両面あわせて、2~3時間くらいで良いでしょう。取り入れた後は、両面に掃除機を丁寧にかけます。

干している間、カーペットを敷いてあった場所を掃除し、風を通しておいてください。

使っていたカーペットを上手にしまうには

晴れた日を選んで行います。特に何日間か晴れた日が続き、空気が乾燥した日がベストです。

まず、カーペットを裏向けにして、屋外で陰干しします。一日中干しておくと湿気が抜けて軽くなります。ふとんたたきで、裏面表面を丁寧にたたき、さらに両面を丹念に掃除機がけします。

この乾燥をきちんとやっておかないと、カビの原因になるので要注意です。

きれいなハトロン紙で包み、風通しの良い乾燥した場所に、立てて保管します。除湿剤の利用も効果的です。半年に一度は、広げて虫干ししましょう。

液体をこぼしたら、吸い取るように叩く

時間が経つと取れにくくなってしまうため、素早く処置することが大切です。こするとかえって汚れが広がってしまいますので、ティッシュペーパーや乾いたタオルを当ててトントンと、上からたたいて汚れを移しとるようにするのがコツです。

水性シミは水を少量加えながら、油シミの場合はベンジンや透明の除光液などを加えると汚れが取れやすくなります。

ほつれをなおす

ほつれ
毛足がほつれているのを見つけたら、決して引っ張らないこと。ほつれた毛足を回りと同じ高さにハサミで切ります。

焼け焦げをなおす

タバコ

タバコの焼け焦げは、ウールなら歯ブラシで焦げた部分を落とし、掃除機をかけておけば大丈夫。

しかし、合成繊維のものは熱で溶けているのでその部分をまずハサミで切り取ります。次に、部屋のすみや家具の下など目立たない部分の毛も、ハサミで切り取ります。焦げ目の部分に木工用ボンドをつけ、切り取った毛を埋め込んでいきます。木工用ボンドは乾くと透明になります。

へこみをなおす

家具を長時間置いていた場合にできるカーペットのへこみ。そんな時にはぬるま湯で湿らせた布で水分を与えた後、ドライヤーの温風を当ててブラッシング。

スチームアイロンの場合は蒸気をカーペットのへこみにかけながらブラッシングして毛並みを立ててあげると、へこみがふんわり元に戻ってきます。 ご使用の場合は高温ややけどに十分注意してください。

お問い合わせはこちら
一覧に戻る
リフォーム会社 BMホームのコンテンツ
  • 当社が選ばれる理由
  • 横浜市を中心とした施工実績
  • おすすめ商品
  • サービスの紹介
  • 新着情報
  • イベント
  • お客様の声
  • 住まいのお役立ち情報
  • リフォーム用語集
  • リフォーム関連のよくある質問
  • リンク集
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
雑誌に紹介されました
採用募集
Staff Blog
スタッフ紹介