HOME住まいのお役立ち情報お役立ちコラム > 壁紙(クロス)のお手入れチェックポイント
住まいのお役立ち情報

壁紙(クロス)のお手入れチェックポイント

お部屋の雰囲気をガラリと変えることのできる壁紙。 そんな壁紙についてや、リフォームの際のポイント、お手入れ方法などをご案内します!

アクセントクロス

壁紙の施工事例

Before和室
白のよくある壁紙も、張り替えることで雰囲気がまったく変わります。
外壁塗装 施工後
コンクリート調の壁紙に張替え、モダンな雰囲気になりました。

壁紙(クロス)の張替え時はいつ?

壁紙の張替え時期は、一般的には10年前後といわれています。しかし、キッチン・トイレなどの水廻りや、多くの人が集まる場所、喫煙者がいる場合はそれより短くなります。

《こんな症状が出たら張替えの時期です。》

●壁・天井の汚れが目立つ。

●表面がケバ立ち、たわみ、しわが目立ってきた。

●クロス表面に急にカビが生えてきた。

●防水性能、消臭性能などがなくなってきた。

●壁紙の継ぎ目に汚れがたまってきた。

●壁・天井にヒビができた、穴が開いている。

こんな症状が出てきたら、是非私たちにご相談ください!ご相談はこちらをクリック!

リフォームする際の壁紙選びのポイント

壁紙の張替えの場合、古い壁紙をはがしたあとに新しい壁紙を貼るため、下地が響きにくい厚手のクロスがおすすめです。

また、小さいサンプルで見るより実際貼ってみると、明るく、色が薄まって見えます。

なるべく大きいサンプルを実際貼る壁に当てて見るのが、選ぶコツのひとつです。

壁紙の種類

ビニル壁紙

ビニル壁紙

ビニル壁紙は、塩化ビニル樹脂などを主な素材とするビニルシートに紙などを裏打ちしたものです。

壁紙の中で最も普及しており、色・柄・価格も豊富に揃っています 表面加工の方法によっても分類することができ、たとえば、表面に凸凹のあるエンボス加工や発泡させたもの、プリントを施したものなど多種多様。

壁紙にさまざまな機能を持たせている商品も多くみられます。

布壁紙

布(織物)壁紙

布壁紙は、レーヨン、絹、麻などで作られるクロスです。 平織りや綾織、不織布などがあります。

ビニル壁紙と比べて高級感、重厚感があります。ホコリを吸着しやすいので、定期的に掃除やメンテナンスが必要です。

紙壁紙

紙壁紙

紙壁紙は、パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工したクロスです。 和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものなどもあります。

紙は音を吸収し、空気を通す素材であり、また、環境や健康への配慮がなされている素材として注目されています。

ほとんどが輸入壁紙ですが、手すき和紙の紙クロスもあります。

その他の壁紙

紙と珪藻土を混ぜてつくられる「珪藻土壁紙」、金属やガラス繊維が原料の「無機質壁紙」、ポリエチレン・ポリプロピレンなどの合成樹脂を主原料とした「オレフィン壁紙」、薄くカットした天然木やコルクなどを紙と張り合わせた「木質系壁紙」、メタリックな壁紙などがあります。

珪藻土壁紙
珪藻土壁紙
オレフィン壁紙
オレフィン壁紙

壁紙をきれいに保つために大切なポイント

太陽

1.できるだけ直射日光にあてない

壁紙は紫外線を嫌います。使用していない部屋にはカーテンやブラインドで、できるだけ直射日光にさらさないようにしましょう。

強い日差しが気になる部屋には、UVカット加工のカーテンをかけてください。

炎

2.熱風、高温を避ける

ストーブなどの暖房器具の熱風が直接壁紙にあたらないようにしましょう。熱により壁紙が変形、変色することがあります。

暖房機器や加湿器を使用する際は、湿度が高くなりすぎないよう注意してください。

セロテープ

3.粘着テープを張らない

壁紙にはセロハンテープやガムテープを張らないでください。

壁紙の変色や汚れの原因となります。

殺虫剤

4.殺虫剤や塗料、薬などがつかないように

殺虫剤や塗料などを吹き付けたり、医薬品や口紅などを付着させたりしないでください。

換気

5.換気をよくする

タバコの煙や台所からの油煙は、壁紙を短期間で黄色く変色させます。

また、水蒸気の発生による結露は壁紙のシミやカビ、剥がれの原因となります。

換気扇や除湿機を、こまめに使うことをおすすめします。

キズ

6.できるだけキズをつけない

家具の角を壁紙に当てないように気をつけましょう。

また、お子さまがイタズラ書きしそうな場所にはシートを張るなどの対策をしておきましょう。

家具

7.家具と壁面のスキマをあける

家具と壁が密着していると、家具の塗料に含まれる色素で変色する場合があります。

スキマをあけておくと、変色はもちろん結露の防止にもなります。

種類別!壁紙のお手入れ方法

ビニル壁紙のお手入れ法

ビニル壁紙は、壁紙の中でもお手入れがしやすく、軽い汚れなら水拭きや中性洗剤で落とすことができます。

一般のビニル壁紙の場合、飲食物や調味料などの汚れは、きれいな水で濡らし固く絞った雑巾で拭き取ってください。

落ちにくいときは家庭用中性洗剤を使いましょう。洗剤を使ったあとは、表面に残った洗剤を拭き取り、最後に乾拭きをしましょう。

汚れ防止機能付きのビニル壁紙の場合、表面にフィルムがラミネートされているので、油性マジックやクレヨンなども落とせます。

布(織物)壁紙のお手入れ法

織物壁紙の表面は水拭きできません。

ブラシを付けた掃除機やハタキでホコリを取ってください。

調味料やジュースなどの汚れが付いた時は、固く絞った布などで表面を軽くポンポンとたたくようにして汚れを取りましょう。

紙壁紙のお手入れ法

紙壁紙は、ビニル壁紙に比べるとキズや擦れに弱く、水を吸い込みやすい欠点があります。

調味料やジュースなどの汚れが付いてしまった時は、すぐに乾いた布やティッシュペーパーなどで軽くポンポンとたたくように拭き取りましょう。

手垢や小さな汚れは消しゴムで表面を軽くこすると落ちる場合があります。

オレフィン壁紙のお手入れ法

一般のオレフィン壁紙に調味料やジュースなどの汚れが付いた時は、固く絞ったスポンジや布で汚れを吸い取るように拭き取ってください。

汚れ防止機能がついたオレフィン壁紙は、抗菌性のフィルムがラミネートしているので、壁紙内部に汚れが浸透しにくく、拭き取りやすくなっています。油性マジック、クレヨンなども落とすことができます。

壁紙のハガレ

多くの壁紙は、部分的なハガレなら文具糊や木工用水性接着剤などで張りつけることができます。

補修の手順は、剥がれている壁紙の裏面にブラシなどで糊をムラなく、はみ出ない程度に多めに塗ってください。10分間程おいてから、下地に張り付けていきます。

面積が広い場合や何度も剥がれるときは、私どもにご相談ください

お問い合わせはこちら
一覧に戻る
リフォーム会社 BMホームのコンテンツ
  • 当社が選ばれる理由
  • 横浜市を中心とした施工実績
  • おすすめ商品
  • サービスの紹介
  • 新着情報
  • イベント
  • お客様の声
  • 住まいのお役立ち情報
  • リフォーム用語集
  • リフォーム関連のよくある質問
  • リンク集
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
雑誌に紹介されました
採用募集
Staff Blog
スタッフ紹介