HOME住まいのお役立ち情報お役立ちコラム > キッチンの収納 お役立ち情報
住まいのお役立ち情報

キッチンの収納 お役立ち情報

キッチン

アイレベルの収納で、時短調理へ

料理中に目に付きやすく、サッと手に取りやすい位置は「アイレベル」→目の高さです。

このアイレベルに収納を集中させ、無駄な動きのない効率的な動きの流れを作りましょう。

まず、毎日必ずといっていいほど使う、菜ばしやお玉、フライパンや小鍋類をコンロまわりのアイレベルに吊ります。

使用頻度の高いアイテムこそ「引き出しを開けて取り出して…」というような面倒な一連の動きをカットすることに大きな効果が生じます。

アイレベルのハンキング(吊り)収納なら料理のスピードも上がります!

ハンギング収納

食材を一目で見渡せる工夫で使い切る!

乾物や缶詰、レトルトなどの保存食品をあちこちバラバラに収納していると、どこに何があったか忘れてしまい、そのまま賞味期限切れになることもありがちですね。

これらの食品を無駄なく使い切るためにも、専用の食品庫を置いたり、食器棚の一角を保存食品の専用スペースにするなど、一箇所にまとめて収納することがおすすめです。

特にスパイス類などは数が多く、全部を把握するのは大変。

そこでスパイスラックを利用したり、スパイスを入れたビンにマグネットをつけ、壁にくっつけて収納するなどして、全てが一目でわかる工夫をしてみましょう。

スパイスラック
スパイスラック
スパイス収納
マグネットを使用したスパイス収納

すき間空間をフル活用!

うちはもうしまう場所がなくて…とお思いのあなた。案外スペースは残されているものです。

冷蔵庫と壁のすき間や、収納扉の内側に面した空間シンク下の空間などなど。

冷蔵庫と壁のすき間にはすき間ラックや棚を取り付けて、デットスペースを有効利用しましょう。

(冷蔵庫の隣なので食品は置かないように気をつけましょう)

収納扉の内側にはドアポケットを取り付けて、使用頻度の高いものを収納します。

また、シンク下には突っ張り棒やかごを使うことで収納力が大幅にアップします!

すき間収納

パントリー(食品庫)を新たに作る

これからリフォーム・新築をされる方には、キッチンにパントリーを新設することもおすすめです。

収納を確保することでキッチン部分に余裕ができ、いつもきれいに保つことができます。

パントリーを作る際のポイントは、通気性・湿度を考えた構造、収納する物の保管方法を確認すること、取り出しやすい工夫をすることです。

パントリーの内部は一目で食品類が見渡せるようなるつくりにしておくことが重要です。

パントリー
パントリー
お問い合わせはこちら
一覧に戻る
リフォーム会社 BMホームのコンテンツ
  • 当社が選ばれる理由
  • 横浜市を中心とした施工実績
  • おすすめ商品
  • サービスの紹介
  • 新着情報
  • イベント
  • お客様の声
  • 住まいのお役立ち情報
  • リフォーム用語集
  • リフォーム関連のよくある質問
  • リンク集
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
雑誌に紹介されました
採用募集
Staff Blog
スタッフ紹介