HOME住まいのお役立ち情報お役立ちコラム > リビングの収納 お役立ち情報
住まいのお役立ち情報

リビングの収納 お役立ち情報

子供のおもちゃやこまごましたもので、どうしても散らかってしまうリビング。

家族が集うからこそ色々なものであふれがち、そんなリビングをきれいにする収納のヒントをご案内いたします。

リビング

リビング収納の原則

リビング収納の中にはリビングで使用する物や生活ストック用品が原則で、1年に1度やほとんど見ない物などは入れないようにしてください。リビング収納は常に稼働している物をいれるのが原則です。

リビング収納でママが困るNo.1!子供のおもちゃ収納

リビングの散らかる大きな原因のひとつに子供のおもちゃがあります。

小さなお子様がいるご家庭のリビングではどうしてもおもちゃが散らかってしまうもの。

 

おもちゃ

片付けの苦手な小さな子供たちにとっては、収納の扉を開ける、引き出しを引くといった行為は大きなハードルです。

そこで小さな子供も簡単に自分で片付けできるよう、投げ入れるだけの収納ボックスを用意しましょう。

ポンと投げ入れる動作は遊びの延長のように楽しめるので、子供も積極的に片付けに参加してくれるはずです。

そしてそこから蓋を閉める、棚に並べるなどをママが助けてあげましょう。

そのためにも取っ手やキャスターがついた、移動させやすい収納ボックスを選ぶといいですね!

おもちゃ

ポイントは、用意する収納ボックスの質にこだわること。

リビングのインテリアのアクセントとしてふさわしいものを選びましょう。

藤製や布製ならナチュラルに、樹脂や金属を使ったものを選べばモダンなイメージになります。

ランドリーボックスやバスケットなど、洗濯物を入れる製品などは、もともと移動に便利な作りになっているので、リビングのおもちゃ収納にピッタリです。

おもちゃボックスだってこだわって選べば、リビングは素敵に変身! 置き方にもこだわって絵になるリビングにしてみましょう。

おもちゃ収納

ソファーと同じ素材の藤のカゴのおもちゃ収納は統一感があります。

かごにいれたおもちゃ収納

同じ種類のカゴでそろえて、きれいに見せる収納。

ナチュラル系のおもちゃ収納

藤のカゴはナチュラルでかわいらしい雰囲気。

洗濯カゴにいれたおもちゃ収納

洗濯カゴを使った収納。おもちゃがたくさん入りますね。カラフルでポップな雰囲気です。

壁面収納ですっきりと統一感のある空間に!

リビングが雑多に見えてしまう原因は、本やDVD・CDなど。

それらは大体テレビやパソコン周りに置かれがちですが、小さなテレビ台やパソコンデスクでは収納しきれないことが多いです。

それらがあふれ出し、プラス室内に色々な種類の家具が置かれているとリビング全体がまとまりのない雰囲気になってしまいます。

そこでそれらが一緒に組み込める壁面収納システムを使って、リビングをすっきりさせましょう。

今まで使いこなせていなかった上下左右の空間をすべて活用できるので、収納力は大幅にアップ。

しかも壁面に凹凸のないフラットな壁面なので部屋が広々とし、掃除もしやすくなります。

 

ポイントはカラー。壁面収納は大きいのでリビングの主役になります。だからこそ素材やカラーにこだわりましょう。

 

圧迫感をなくすのであれば、壁に近いホワイト系がおすすめ。

高級感を出すのであれば建具や床とあわせてウォールナット系なども素敵です。

 

ホワイト系壁面収納を使った施工例はこちら→

ダーク系壁面収納を使った施工例はこちら→

壁面収納

それぞれの私物は置き場所を作る!

それぞれ個人の部屋にあるべきものもリビングに散らかっていること、結構ありませんか?例えば、化粧品やバック、読みかけの本など。

リビングが居心地のいい空間だからこそ、みんなで一緒にいながらしたいことが多くなってしまうからなのです。

その居心地のよさはそのままにすっきり片付けする方法はないでしょうか。

それはリビングにも個人それぞれの収納スペースを作ること!

先ほどの壁面収納に個人の置き場所を決めてもいいですし、小さな棚でもよいので、家族人数分の場所を作り私物はそこに置くようにしましょう。

 

 

ポイントは、各々のスペースにきちんと名前をつけておくこと。

 

自分の場所というはっきりとしたテリトリーを持つことが片付けにつながります。

名前つきの棚

各々の私物を入れる棚。 名前が書いてあると、便利ですね。

パソコンやゲーム機、AV機器のコンセントを何とかしたい。

コードを床に這わせたままだと、足に引っ掛けたり、掃除機の邪魔になったり、見た目にも美しくないですよね。

だからといってコードをきつく縛るのはNG!発火の原因になることもありとても危険です。

コードはゆるくまとめることができるコードボックスに入れるようにするとすっきり片付き、見た目もきれいです。

コードボックス

これならコードも絡まず、安心です!

コードボックス

パソコンのルーターも入るものもあります。

お問い合わせはこちら
一覧に戻る
リフォーム会社 BMホームのコンテンツ
  • 当社が選ばれる理由
  • 横浜市を中心とした施工実績
  • おすすめ商品
  • サービスの紹介
  • 新着情報
  • イベント
  • お客様の声
  • 住まいのお役立ち情報
  • リフォーム用語集
  • リフォーム関連のよくある質問
  • リンク集
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
雑誌に紹介されました
採用募集
Staff Blog
スタッフ紹介