HOME住まいのお役立ち情報お役立ちコラム > 畳を長持ちさせるお手入れのコツ
住まいのお役立ち情報

畳を長持ちさせるお手入れのコツ

畳

畳は風情ある日本住宅には欠かせません。すがすがしい香りや気持ちの良い足触りは日本人なら誰もが大事にしたい住まいの文化です。

新しい畳に取り替えると、それだけでお部屋全体が新しくなったように感じ気持ちがいいものです。

しかし、手入れを怠ると傷みが進むだけでなく、ダニやカビの温床になってしまいます。畳はお手入れの仕方によって寿命が大きく違ってきます。

日頃から正しい知識を持ってお手入れをし、いつまでも綺麗な畳を長持ちさせましょう。

今回は、そんな畳のお手入れのコツをご紹介します。

お手入れ次第で寿命は約50年!

畳は、「畳の心臓部」とも言われる畳床、「イ草」と呼ばれる畳表、畳を綺麗に演出する畳縁の3つから成り立っています。

一般的な畳のお手入れは2~3年に一度の「裏返し」(畳をはずして裏返すこと)と、4~5年に一度は「表替え」(畳床をそのまま生かして新しい畳表に取り替える)をします。

畳は丁寧にお手入れすれば畳の芯材である畳床が50年は持つと言われるだけに、大切に使いたいものです。

畳の日常のお手入れ方法

畳の表は日光にあたると、日焼けの跡ができたり、変色したりしてしまいます。そのため、常に日光が当たらないよう、カーテンや障子等で遮るなどの配慮が必要です。

畳に掃除機をかけるときは、弱にして傷をつけないよう畳の目に沿って軽く触れる感じでゆっくり何度か同一部を往復させてかけましょう。

畳を乾いた雑巾で拭く場合は、畳の目に沿って拭きます。水分の多い雑巾や習慣的に濡れ雑巾で拭くと畳の光沢が無くなり、畳の目が黒ずむ事がありますので気をつけましょう。

畳に日光浴を

畳の干し方

畳は湿気が厳禁です。天然のイグサで出来た畳は水分を吸収すると汚れやすく、カビの原因にもなります。

普段は掃除機を畳の目に沿ってかけるだけでOKですが、半年に一度は天日干しが良いでしょう。

春・秋の晴れた天気の良い日に2枚一組で表を合わせた山形にして立てかけ、畳の裏側を4~5時間日光に当てます。

畳裏は直接日光に当てると変色を早め、傷むので陰干しにしましょう。

もしも畳にカビが生えてしまったら・・

畳 カビ 手入れ イラスト

風通しが悪いと畳にカビが生えてしまうことがあります。

普段から風通しを良くしておくのが一番ですが、カビが生えてしまったら、ブラシで畳の目にそってカビを取り、消毒用アルコールか、防カビ剤で拭き取ります。

絶対濡れ雑巾は使わないのがポイントです。

フローリングの掃除に便利な化学雑巾は、畳の繊維に油分が浸み込んで、ほこりを呼び込むのでこれも禁物です。

みかんの皮の煮汁でツヤツヤに

畳 お手入れ イラスト

畳におススメなのがみかんの皮です。

みかん5~6個分の皮を小鍋で数分茹で、冷ました汁で雑巾を絞って拭きあげます。

皮のオイルに含まれるリモネン、ペクチン、クエン酸などの成分は汚れ落としや、ツヤ出し、消臭などの効果があります。

黄ばみには酢を3倍程度に薄めたもので拭くのが効果的です。

畳の上の家具にも配慮して

畳に重い家具を置く場合、足の部分にべニア板(面積のあるもの)等の下敷きを敷くと畳の凹みが少なくなります。テレビ台やパソコンデスクなどのキャスターの足は外しておいた方が安定度が増し、下にホコリも入らなくなり凹みも少なくなります。

長い間置いて、畳がくぼんででしまった場合は、水で霧吹きをしてから、濡れタオルを宛ててアイロンをかけると、くぼみを修復することができます。

 

和室

以上が、畳を長持ちさせるためのお手入れのコツです。いかがでしたでしょうか?
 

最近では「縁(へり)なし畳」や「カラー表」などがあり、和室をお洒落に演出できる畳が増えました。
和モダンな空間を演出してくれる縁なし畳は、縁が無い分お部屋を広く感じさせ、濃淡の色を組合せることで、とてもお洒落な空間に仕上がり人気があります。

使い勝手のよいフローリングの住宅が多く見られる中で、吸湿機能や独特の香り、やさしい踏み心地などは、イグサを使った畳でしか味わえないものと言えます。

丁寧にしっかり手を入れをして、畳を長く使っていきたいですね。

お問い合わせはこちら
一覧に戻る
リフォーム会社 BMホームのコンテンツ
  • 当社が選ばれる理由
  • 横浜市を中心とした施工実績
  • おすすめ商品
  • サービスの紹介
  • 新着情報
  • イベント
  • お客様の声
  • 住まいのお役立ち情報
  • リフォーム用語集
  • リフォーム関連のよくある質問
  • リンク集
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
雑誌に紹介されました
採用募集
Staff Blog
スタッフ紹介